各アワードが推薦する、失敗しない おすすめ 小説 映画 本 製品

ABOUT 芥川賞

芥川龍之介の名を記念して、直木賞と同時に昭和10年に制定されました。直木賞と違って純文学に焦点を当てているので、緻密な描写、構造、理論を噛み締めることができます。

芥川賞 年度別 目次

2004 - 2003年度

芥川賞 2004年度 上期

介護入門  : モブ・ノリオ

受賞

29歳、無職の〈俺〉。寝たきりの祖母を自宅で介護し、大麻に耽る――。饒舌な文体でリアルに介護と家族とを問う、衝撃のデビュー作。(内容:出版社/著者からの内容紹介)

勤労感謝の日 : 絲山秋子

ノミネート

オテル・モル : 栗田有起

ノミネート

弔いのあと : 佐川光晴

ノミネート

好き好き大好き超愛してる  : 舞城王太郎

ノミネート

僕の好きな人たちに皆そろって幸せになってほしい。それぞれの願いを叶えてほしい。温かい場所で、あるいは涼しい場所で、とにかく心地よい場所で、それぞれの好きな人たちに囲まれて楽しく暮らしてほしい。最大の幸福が空から皆に降り注ぐといい。僕は世界中の全ての人たちが好きだ。(本文より)【出版社からの情報】

日曜農園 : 松井雪子

ノミネート

芥川賞 2003年度 下期

蛇にピアス  : 金原ひとみ

受賞

ピアスの拡張にハマっていたギャル系コンパニオンのルイは、「スプリットタン」という2つに分かれた舌を持つ男、アマと出会う。やがてアマが行方不明となり、死体で発見される。(内容:MARCデータベースより)

蹴りたい背中  : 綿矢りさ

受賞

高校に入ったばかりの「にな川」と「ハツ」はクラスの余り者同士。やがてハツはあるアイドルに夢中のにな川の存在が気になってゆく。いびつな友情? 臆病な恋? 不器用さゆえに孤独な二人の関係を描く文芸賞受賞第一作。(内容:MARCデータベースより)

海の仙人  : 絲山秋子

ノミネート

背負っていかなきゃならない最低限の荷物−それは孤独。海辺の街にひっそりと暮らす青年とふたりの女と出来そこないの神様・ファンタジーが奏でる切ない愛の物語。『新潮』掲載を単行本化

生まれる森  : 島本理生

ノミネート

初めて知った恋の深い痛みと、ゆるやかな新生を描く20歳の恋愛小説。最年少・20歳野間新人賞作家。(内容:MARCデータベースより)

ぐるぐるまわるすべり台  : 中村 航

ノミネート

塾講師の傍ら、僕は教え子ヨシモクの名を騙ってバンドを募集した。ボーカルの中浜に自らの分身を見た瞬間、僕の中で物語が始まった…。「リレキショ」「夏休み」に続く「始まりの」3部作完結篇。(内容:MARCデータベースより)

年度別 目次

2004 - 2003年度
お薦め作品集 AllRight Reserved