各アワードが推薦する、失敗しない おすすめ 小説 映画 本 製品

ABOUT 日本アカデミー賞

日本アカデミー賞とは本場アメリカのアカデミー賞と同じく、その一年の中で最も優れた日本の映画作品を表彰します。特徴としては評論家や映画ファンが選ぶのではなく映画製作者達によって選ばれますので、また違った評価が楽しめます。

日本アカデミー賞 年度別 目次

2004 - 2004年度

第28回 日本アカデミー賞 2004 優秀作品賞

半落ち  : 出演:寺尾聰

受賞

横山秀夫原作の同名小説を『陽はまた昇る』の佐々部清監督が映画化したドラマ。現役警部がアルツハイマーの妻を殺したと出頭した。彼が自首するまでに2日間の空白があると判明し、刑事、検事、判事、新聞記者、弁護士らがそれぞれの立場で真実を追う。(内容:DVD NAVIGATORデータベースより)

世界の中心で、愛をさけぶ  : 出演:大沢たかお

ノミネート

大沢たかおと柴咲コウの共演で話題となり、ロングランヒットを記録した行定勲監督による純愛ドラマ。高校時代に初恋の人が死んでから喪失感を抱える男・朔太郎。10年後、彼は婚約者の失踪をきっかけに過去と向かい合い、未来へと足を踏み出そうとする。(内容:DVD NAVIGATORデータベースより)

スウィングガールズ  : 出演:上野樹里

ノミネート

東北の片田舎にある高校を舞台に、サボりの口実として始めたビッグバンドジャズの魅力に次第に引き込まれていく女子生徒たちの姿を描いた作品。 (内容:DVD NAVIGATORデータベースより)

隠し剣 鬼の爪  : 監督:山田洋次

ノミネート

2004年秋に全国劇場公開された「隠し剣 鬼の爪」をパッケージ化。幕末の海坂藩を舞台に、新しい世の中と侍の世界との間で揺れ動く一人の下級武士を中心に描いた時代劇。永瀬正敏、松たか子ほか出演。 (内容:Oricon GEデータベースより)

血と骨  : 出演:ビートたけし

ノミネート

第11回山本周五郎賞を受賞した、梁石日の最高傑作である同名小説を映画化した「血と骨」をパッケージ化。1920年代、大阪の朝鮮人集落を舞台に“怪物”と呼ばれた男の、鮮烈にして壮絶場生き様を描いた作品。ビートたけし、鈴木京香ほか出演。 (内容:Oricon GEデータベースより)

年度別 目次

2004 - 2004年度
お薦め作品集 AllRight Reserved