各アワードが推薦する、失敗しない おすすめ 小説 映画 本 製品

ABOUT 大宅壮一ノンフィクション賞

大宅壮一氏のマスコミ活動を記念して制定されました。ルポルタ−ジュや旅行記、伝記、戦記、ドキュメンタリ−などのノンフィクション作品全般の中で最も優れた作品を紹介しており、どの作品もノンフィクションならではの迫るものがあります。

大宅壮一ノンフィクション賞 年度別 目次

2000 - 1997年度

大宅壮一ノンフィクション賞 2000年度

火花  : 高山文彦

受賞

ハンセン病と闘いながら、名作「いのちの初夜」を著し、23歳の命を燃やし尽くして逝った天才作家・北条民雄の極限の生命の姿を描くノンフィクション。生の渇き、絶望の愛に彩られた伝説の生涯がよみがえる。(内容:MARCデータベースより)

大宅壮一ノンフィクション賞 1999年度

北朝鮮に消えた友と私の物語  : 萩原遼

受賞

1972年「赤旗」平壌特派員となった私は、大阪の定時制高校で席を並べた親友の尹元一を訪ねた。友は「地上の楽園」で幸せに暮らしているはずだった―。帰国運動の悲劇を描き満票で第30回大宅壮一ノンフィクション賞に輝いた記念碑的名作。(内容:MARCデータベースより)

朱鷺の遺言  : 小林照幸

受賞

今や最後の一羽が飼育されるのみとなったトキ。戦後の混乱期、トキ保護に立ち上がり、手探りの生態観察、困難な餌の確保、進展しない保護活動などの苦闘を続けた男たちの足跡を追い、人間と自然の相剋・共生を問う。(内容:MARCデータベースより)

大宅壮一ノンフィクション賞 1998年度

ゆりかごの死  : 阿部寿美代

受賞

乳幼児突然死症候群(SIDS)によって、日本では毎年2000人に1人の割合で赤ちゃんが亡くなっているという。SIDSを正しく理解するにはどうしたらいいか。医・法・心理・社会などの多方面から考える。(内容:MARCデータベースより)

大宅壮一ノンフィクション賞 1997年度

コリアン世界の旅  : 野村進

受賞

美空ひばり、孫正義の涙の理由とは? その疑問から旅が始まった。一番身近で、一番見えにくい存在である在日韓国、朝鮮系の人々。彼らが日本で生きるということはどういうことなのか。(内容:MARCデータベースより)

旅する巨人  : 佐野眞一

受賞

柳田国男以後、最大の功績をあげたといわれる、民俗学者・宮本常一の人と業績を自筆恋文など発掘資料で追いつつ、壮図を物心両面で支えた器量人・渋沢敬三の「高貴なる精神」の系譜を訪ねる。(内容:MARCデータベースより)

年度別 目次

2000 - 1997年度
お薦め作品集 AllRight Reserved